就職祝いのマナー|結婚式や結婚内祝いでのプレゼントの選び方について|選び方のコツ

就職祝いのマナーを知って適切に贈り物を送ろう

プレゼントの選び方

就職祝いでは相手がどんな会社に就職したのかを知ることでプレゼントを贈りやすくなります。もし就職先が不明なら、社会人生活で役に立つ物を贈ると喜ばれるでしょう。

就職祝いのマナー

花

就職祝いの基本マナー

就職祝いにはいくつかの基本マナーがあります。このマナーは結婚内祝いなどにも共通していますが、贈る時期として報告を受けたら早めに贈るのがマナーになります。

表書きや水引について

祝いの贈り物になるので、表書きは寿、御就職御祝という書き方がマナーになります。また水引やのしは紅白の蝶々結びにしましょう。これを知らずに贈ってしまうと礼儀として失礼になってしまう可能性もあります。

相手の欲しい物を贈る

仲の良い方の就職祝いの場合には相手の欲しい物を贈るようにしましょう。やはり喜んでもらえるものが一番です。もし選びきれない場合ならカタログギフトを贈るにも一つの手段と言えます。

目上の人に贈ってはいけない物

目上の人に対して贈ってはいけない物としてペンや万年筆が挙げられています。貰う側として精進しなさいという意味に捉えられてしまう可能性があるためです。

広告募集中